最近のトラックバック

フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2009年5月24日 - 2009年5月30日 | トップページ | 2009年6月7日 - 2009年6月13日 »

2009年5月31日 - 2009年6月6日

2009年6月 4日 (木)

ウォッシュレットが壊れてDIYで交換

15年間使ってきたウォッシュレットが壊れてしまい、サポートを呼んだらもう部品がないといわれた。同等品は8万円もするのであきらめていたら、先日ヨドバシカメラで4万円を切っているではないか!商品入れ替えで展示品の処分だという。

展示品と言ったってテレビと違って使用展示していたわけでもあるまいし(だったら怖いが)と、思わず購入。これが間違いの元。ヨドバシにきていたTOTOの出張販売員が取説・取り付け説明書を入れ忘れていたのである。

というわけでネットで情報を検索しながら四苦八苦。2時間かけてやっと取り付けが終わりました。あ~しんど。

2009年6月 2日 (火)

エコってなに?その本質はエゴ?

最近はエコという言葉を聞かない日がないですね。

で、エコってなんですか?

エコフレンドリーというときのエコは、「生物相などのエコシステム(生態系)にインパクトを与えない傾向をもつ」という意味。これがみんなのいうエコ。

で、へそ曲がりのオジさんは、そもそものエコを考えた。

エコ…エコロジー。生態系という意味なので、弱肉強食により生産と消費のバランスを保つことたとえばライオンがガゼルを食ったり、サメが他の魚を食ったりすることは生態系の維持のために必要なこと。

もう一つ、弱肉強食でエコがありますね。エコノミー(経済)です。資本主義経済では基本は弱肉強食でしょ?もしかしてこの二つ、語源は同じかもしれませんね。

あと、エコって言葉はエゴって言葉ににていますね。あはは。依怙贔屓のエコもありました。

 まぁ、こんなのはただの言葉遊びですが、こんなことも思い出しました。

私は地球科学の学生でしたから、惑星進化論の松井先生の講義を聴いたことがあります。本来なら「守る」も「バランスを崩して人類が滅びる」も、惑星進化の一部であると。つまり地球の生態系を守ろうという意味は人類にとっての住みよい環境を守ろうという意味なので、つまり、人類は既存の地球生態系の外側に広がってしまった存在なのだと。ま、いうなら「上から目線」てやつですな。

 よく考えてみると いまのエコ=二酸化炭素排出を防ぐ ですね。いわゆる温暖化防止。で、過去の地球にいまよりもっとすごい温暖化の歴史がありましたね。中生代。恐竜の時代ですな。地殻の中にため込まれた温暖化物質が活発化した火山活動の影響で一気に放出されると地球はとどめようもなく温暖化するわけです。南極に大森林があった頃です。あんな状態だと人類はいまのように繁栄はできませんなぁ。ここはやはりそうならないように「人類にとって都合のよい生態系(エコシステム)を維持」するエゴイスティックなエコを持続可能な経済活動(エコロジー)を考えないといけないわけです。

 ああ、まじめな議論だと思って来てしまった方ごめんなさい。ただの言葉遊びです。でもまあ、エコって言葉の連想から、思わず知らず学生時代の思い出に飛んでしまう。そんな夢想の時間も楽しいものです。

さてと。

惑星の進化は人類よりも遙かに長い時間の中で起こっているので、まあそんなことにはとらわれず、毎日の暮らしを守るためゴミの分別に力をつくしましょうか。

技術は劣化する~開発能力の喪失を示す米軍の新型艦艇 ~


宮田秀明の「経営の設計学」というコラムがあって、欠かさず読むようにしている。
ビジネスが技術開発に結びつく要素が高い日本では本当に優れた「教科書」と思っています。

□技術は劣化する
 この中に40年たっていまでは月に人間を送ることはできないというくだりがあった。
スペースカウボーイという映画がありましたね。つまりああいうことです。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20090520/195285/?P=1&ST=spc_fl

 人類は歴史の過程で多くのものを失い続けてきたのですね。それは生き残るために新しい技術分野を広げていく試みの過程で経済的に見合わなくなったものを切り捨てることです。センチメンタルになるだけでなく、失ってはいけない技術について真剣に考えることも重要だ、とそんなことを薄ぼんやりしたアタマで考えさせられました。

2009年5月1日
「荒天航海」から「風上帆走」に移れるか  もおすすめ。

僕の知り合いにはヨットマンがいるのでその人たちの話を思い出しながら、何とか読んでいる。

2009年5月31日 (日)

きょうも鎌倉。トレイルトレーニング。

晴れたので、妻とともに逗子マリーナを冷やかし、それから戻って長谷の大仏へ。初めてのランである妻はここで観光ウォークに。ひとりでそのまま大仏隧道手前からハイキングコースを経て、源氏山、銭洗い弁天、北鎌倉へ。
 しばらく市街地をはしり、再び六国見森林公園からトレイルに。足下はぬかるんで大変でしたが、きもちよいランでした。最後にアイシングのつもりで海へ。スイムは約300メートル。(05/31 14:21)20090531

« 2009年5月24日 - 2009年5月30日 | トップページ | 2009年6月7日 - 2009年6月13日 »