最近のトラックバック

フォト
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2005年12月19日 (月)

おすすめの一冊:補遺

 覇権のターゲット、つい先ほど読了しました。面白かったです。優れた小説というものは多分に法螺話めいていて話が大きくなればなるほど筋立ては破綻していくもの。この作品も実をいうと途中、そんな気配も少し感じたのだけれど結局最後まで連れて行かれてしまいました。つまらなく感じたのは実は自分の知らない半導体開発の詳細に入り込んだところ。ついて行かれなくなって道を見失いかけたのですね。でも、すぐに本来のストーリー展開に戻されました。

 で、何がおもしろいかというと、つまり、嘘を本当に見せる迫力があるのですね。脱帽です。
 石油とウランとダイヤモンドと、シリコンがこんな形でつながっているとは!

ただ、惜しいことに面白い!というところまでやや道のりが長い。著者が博識すぎるのが災いしたのかもしれません。そんなこんなでもしも検索エンジンでわたしごときのページをごらんになった人がいたら、絶対面白くなるから150ページまでは読まなきゃだめですよ。(笑)だから立ち読みだと損です。(笑)。
 もちろん、わたしと逆にそこまでが面白いと言った知り合いもいましたが・・・。私自信としては、最後の解決のカタルシスに至る数章がとてもハイセンスで、日本人離れした筆力だなぁと感心しました。この小説、実は大賞ではなく優秀賞、つまり時点だったのですがそれはなぜかというと理由はわかりますね。読み手がコンピューターや半導体を知らないとおもしろさがやや伝わりにくいところがあるのです。

おすすめの一冊

マイクルクライトンが大好きだ。彼がアメリカ南部のハリケーンをうまく使った
State of Fear という本を書いている。これを読もうと思って、今年の春に
買い込んだのだが、最初の20頁で挫折していたら、日本語訳がでてしまった。
実は自分でもアメリカ南部のハリケーンは毎年ひどくなってくるのでいつか
ひどいことになるだろうと思っていたのだ。

そうしたら、なんと自分の知り合いもそのテーマで本を書き、今年の1月に
ダイヤモンド社の経済小説大賞に応募していたというではないか!!
クライトンとおなじ時期に彼も作品を書いていたのか?すごいではないか。
この友人には前から尊敬を抱いていて、自分でもいつかこんなステージに
あがってみたいなぁというあこがれを抱いている。



その本が先日発売になった。それがこれ、「覇権の標的(ターゲット)」。著者の阿川大樹は実はニフティがパソコン通信時代からの有名人で、ある有名企業の超のつくエリートサラリーマンで、加州にベンチャーを作るなどの仕事をしていただけあって、テクノスリラーになっているに違いない。
はやく読みたくて昨日は新宿の紀伊国屋に行ったのだが、売り切れになっていた。
驚きだ。もうすぐお友達ではなくなっちゃうかもしれません。